芸能・文化

藤井四冠「いい内容にしたい」 王将戦9日開幕で抱負

 第71期王将戦7番勝負の第1局に向け、抱負を語る藤井聡太四冠=8日午後、静岡県掛川市

 将棋の藤井聡太四冠=竜王・王位・叡王・棋聖=(19)が渡辺明王将=名人・棋王と合わせ三冠=(37)に挑む第71期王将戦7番勝負の第1局は9、10日、静岡県掛川市で指される。8日、同市で両者の記者会見が行われ、奪取を目指す藤井四冠は「一手一手、しっかり考えていい内容にしたい」と抱負を述べた。

 今シリーズは八大タイトルのうち三冠と四冠のトップ対決となる。藤井四冠は昨年、竜王を奪取して最年少で4タイトルを同時に保持。この7番勝負で4人目の五冠を目指す。渡辺王将とはタイトル戦で過去2度、対戦していずれも破っている。藤井四冠は「全力を尽くしたい」と意欲を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス