スポーツ

ソフトバンク風間、趣味サッカー 入寮で「メッシ級」活躍誓う

 持参した靴を着用し、ボレーシュートのポーズをとるソフトバンク・風間=8日、福岡県筑後市

 ソフトバンクのドラフト1位新人、風間球打投手(秋田・ノースアジア大明桜高)が8日、福岡県筑後市の若鷹寮に入寮し、趣味のサッカーに使うシューズを持参した。スター選手のリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)が好きだといい「自分も活躍して世界中からすごい選手と言われたい」と意気込んだ。

 最速157キロを誇るが、球団はじっくりと成長を見守る方針で、春季キャンプは筑後市のファーム施設に残る育成選手中心のC組となる見込み。入団時に84キロだった体重を90キロまで増やしたいと話し「今年は自分の体をいじめて、強い体をつくりたい」と先を見据えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス