スポーツ

ジョコビッチ選手「感謝」と投稿 自前シェフ要求と報道も

 ジョコビッチ選手の収容先とみられる施設付近に集まったサポーター=7日、オーストラリア・メルボルン(ロイター=共同)

 【シドニー共同】オーストラリア入国を拒否され、メルボルンの隔離施設に収容中のテニスのジョコビッチ選手は8日までに「世界中の人々の変わらぬ支援に感謝する。(収容されていても)それを感じることができる」とインスタグラムにメッセージを投稿した。

 一方、モリソン政権に近いメディアは、ジョコビッチ選手が「自前のシェフに料理を作ってもらうこと」や「自分が借りているテニスコート付きの一軒家への移動」を求めたと伝えた。

 ジョコビッチ選手の査証(ビザ)取り消しを巡る裁判所の審理が10日に再開するのを前に、情報戦も激しくなっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス