国際

米国とロシア、戦略的安定対話 ウクライナで隔たり、難航か

 10日、戦略的安定対話に参加したシャーマン米国務副長官(左)とロシアのリャプコフ外務次官=ジュネーブ(ロイター=共同)

 【モスクワ、ワシントン共同】米国とロシアの両政府高官は10日、スイスのジュネーブで戦略的安定対話を開いた。ロシアは欧米に示した北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大を柱とする条約案の承認を求め、こうした主張を拒絶する米国はロシア軍が国境地帯に集結するウクライナ情勢の緊張緩和が先決だと強調。双方の隔たりは大きく、難航も予想される。

 ブリンケン米国務長官は9日、米テレビで「事態打開があるとは思っていない」と述べた。一方、ロシアに近い東欧などでの軍事演習やミサイル配備の制限について、米ロが相互に実施し緊張緩和につながるなら交渉は可能だと説明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス