政治

自民二階氏、10増10減を批判 「腹立たしい。地方に迷惑」

 自民党の二階俊博元幹事長

 自民党の二階俊博元幹事長は10日の和歌山放送ラジオ番組で、検討が進んでいる衆院小選挙区定数の「10増10減」を批判した。地元・和歌山県の定数が3から1減となるのを踏まえ「腹立たしい。こんなことが許されるのか。地方にとっては迷惑な話だ」と述べた。同じ番組に出演した世耕弘成参院幹事長は、「1票の格差」を2倍以内に収める方法として衆院の定数増を選択肢にするべきだと表明した。

 二階氏は「地方がこれから栄えるよう取り組む。何の遠慮もない」と語り、反対する姿勢を示した。世耕氏は衆院の定数増について「日本の国会議員は、人口比で世界各国より多いわけではない」と訴えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス