スポーツ

照ノ富士、連敗免れて6勝目 御嶽海が単独首位、正代4敗目

 照ノ富士が寄り切りで遠藤を下す=両国国技館

 大相撲初場所7日目(15日・両国国技館)3場所連続優勝を目指す横綱照ノ富士は遠藤を寄り切って連敗を免れ、6勝1敗とした。大関昇進の足固めを狙う関脇御嶽海は玉鷲を寄り切り、7戦全勝で単独首位に立った。平幕阿炎は初黒星。

 大関正代は隠岐の海に寄り切られ、3連敗で4敗目と黒星先行。関脇隆の勝は小結明生を突き落として4勝目。明生は3勝4敗となった。

 全勝の御嶽海を追う1敗は照ノ富士と阿炎、2敗で玉鷲ら平幕5人が続く展開となった。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス