芸能・文化

事実確認の求めに裏付け取らず NHK番組の字幕でディレクター

 NHKがBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、五輪反対デモに参加した男性が金銭で動員されているという、事実と異なる字幕を付けた問題で、NHKは19日、担当ディレクターが制作中にプロデューサーから事実の確認を求められたにもかかわらず、金銭の授受などの裏付け取材をしていなかったことを明らかにした。

 正籬聡放送総局長は定例記者会見で「ジャーナリストとして基本中の基本の事実を確認するということがおろそかだった。本当に申し訳ない」とあらためて陳謝した。

 番組は東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀬さんに密着したドキュメンタリー。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス