スポーツ

北京五輪開幕まで2週間 鉄道など関係者向け運用開始

 五輪とパラリンピックのシンボルマークが描かれた北京市内の専用レーン(共同)

 【北京共同】北京冬季五輪開幕まで2週間となった21日、スキーなどが行われる河北省張家口や北京北部延慶と北京中心部を結ぶ高速鉄道や道路で、大会関係者向けの運用が始まった。

 高速鉄道は約180キロ離れた張家口と北京を50分で結ぶ。北京中心部側の清河駅では、駅の北口を五輪関係者専用にして利用。南口を使う一般客とは動線を完全に分け、構内もガラスで隔てた。五輪関係者が乗る車両と一般客が使う車両の間の扉も閉鎖した。

 北京市内の道路では、午前6時から深夜0時まで一般車両が通れない五輪専用レーンの運用が開始。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス