スポーツ

北島杯、本多が200バタで優勝 「次につながる」

 男子200メートルバタフライ決勝 力泳する本多灯。1分53秒87で優勝した=東京辰巳国際水泳場

 競泳の北島康介杯は21日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートルバタフライは東京五輪銀メダルの本多灯(アリーナつきみ野SC)が1分53秒87で制した。

 男子100メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が53秒08で勝った。東京五輪で女子個人メドレー2冠を達成して以来の国内レースだった大橋悠依(イトマン東進)は200メートルバタフライで4位、100メートル平泳ぎで5位。池江璃花子(ルネサンス)は200メートル自由形で2位だった。

 本多は1分53秒73だった五輪に迫るタイムで「53秒台を出せたことは次につながる」と手応えを語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス