経済

英半導体大手アーム買収、断念も 米エヌビディアが検討と報道

 【ニューヨーク共同】米ブルームバーグ通信は25日、米半導体大手エヌビディアが英半導体開発大手アームの買収の断念を検討していると報じた。買収計画は2020年に発表されたが、米国や欧州の規制当局が競争上の問題があるとして調査しており、実現していない。アームはソフトバンクグループ(SBG)の傘下企業。

 報道によると、エヌビディアは取引企業に対して、買収完了の見込みがないと伝えている。SBGは買収が実現しなければ、アームを新規株式公開(IPO)することを検討している。

 買収計画を巡っては、米連邦取引委員会(FTC)が昨年12月に、差し止めを求めて提訴した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス