芸能・文化

藤井王手か、渡辺初勝利か 将棋王将戦第3局、1日目が終了

 将棋の第71期王将戦7番勝負の第3局で初手を指す藤井聡太四冠。右は渡辺明王将=29日午前、栃木県大田原市(代表撮影)

 将棋の藤井聡太四冠=竜王・王位・叡王・棋聖=(19)が渡辺明王将(37)に挑む第71期王将戦7番勝負の第3局は29日、栃木県大田原市で指され、同日夕、後手の渡辺王将が62手目を封じて1日目を終えた。開幕から2連勝の藤井四冠は奪取に王手なるか。渡辺王将は初勝利を目指す。

 対局は相掛かりの戦型に。序盤から両者、時間を使いながら慎重に駒組みを進めた。ほぼ互角の形勢で、中盤の難所を迎えている。

 藤井四冠は昨年、竜王を奪い最年少で4タイトルを保持。史上4人目、最年少での五冠を目指す。渡辺王将は名人、棋王との三冠維持が懸かる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス