スポーツ

なでしこ、W杯出場決定 9大会連続、女子アジア杯

 日本―タイ 後半、チーム5点目のゴールを決めた植木(19)とタッチを交わす菅沢=インド・ナビムンバイ(ロイター=共同)

 サッカーの2023年女子ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたアジア・カップは30日、インドのナビムンバイなどで準々決勝が行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング13位の日本代表「なでしこジャパン」は同38位のタイに7―0で大勝し、9大会連続のW杯出場を決めた。

 大会3連覇も懸かる日本は、前半に菅沢(三菱重工浦和)の先制ゴールなどで2点を先行。後半にも攻勢を続け、着々と加点した。

 アジア杯ではW杯開催国のオーストラリアを除く上位5チームがW杯出場権を獲得する。準々決勝で敗れたチームは順位決定戦に回る。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス