スポーツ

ナダルが13年ぶり全豪優勝 テニス、四大大会最多21勝

 男子シングルスで2度目の優勝を果たし、喜ぶラファエル・ナダル=メルボルン(ロイター=共同)

 テニスの全豪オープンは30日、メルボルンで行われ、男子シングルス決勝で世界ランキング5位のラファエル・ナダル(スペイン)が世界2位のダニル・メドベージェフ(ロシア)に2―6、6―7、6―4、6―4、7―5で逆転勝ちし、2009年大会以来2度目の優勝を果たした。四大大会は通算21勝目でジョコビッチとフェデラーを上回り、単独最多とした。

 四大大会を全て2度以上制覇する「ダブル・グランドスラム」も達成した。優勝賞金は287万5千豪ドル(約2億3千万円)を獲得。

 女子ダブルス決勝は第1シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)が初優勝した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス