スポーツ

阪神の矢野監督、今季で退任表明 就任4年目「自分も挑戦したい」

 全体ミーティングで選手に話す阪神・矢野監督=31日、沖縄県恩納村(球団提供)

 プロ野球阪神の矢野燿大監督(53)が31日、「今シーズンをもって退任しようと思っている。選手にも伝えた」と就任4年目の今季限りで退任する意向を表明した。沖縄県宜野座村でのキャンプインを翌日に控え、恩納村の宿舎で行った全体ミーティング後のオンライン取材で明らかにした。

 決断したのは2位に終わった昨季終了後といい、この時期での表明は異例だが「俺自身(態度を)決めることで(選手へのキャンプ前の)あいさつも最後だなと思って気持ちを込めた。自分も挑戦していきたい。それがチームのためにもなるのかなと」と説明した。昨季まで3年契約で、今季は1年契約で続投した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス