スポーツ

新大関御嶽海がコロナ感染 30日まで引退相撲に参加

 御嶽海

 日本相撲協会は31日、新大関御嶽海(29)のコロナ感染を発表した。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると39度ほどの発熱があり、抗原検査で31日午後に陽性が判明したという。

 御嶽海は29、30日に東京・両国国技館で行われた武隈親方(元大関豪栄道)、清見潟親方(元関脇栃煌山)の引退相撲に参加。2日間とも断髪式ではさみを入れ、取組では横綱照ノ富士と相撲を取っていた。芝田山部長は濃厚接触者の有無などに対し「その辺については調査中」と述べた。

 2月5日に中村親方(元関脇嘉風)の引退相撲、翌6日にトーナメント大会が国技館で予定されており、影響が懸念される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス