スポーツ

プーチン名誉会長取り消し 欧州柔道連盟、会長は辞任

 欧州柔道連盟(EJU)は28日、ウクライナへの軍事侵攻を進めるロシアのプーチン大統領について、名誉会長の地位を取り消すと発表した。国際柔道連盟(IJF)が名誉会長資格を一時停止したのに続く措置となった。

 EJUは27日にロシア人のセルゲイ・ソロベイチク氏の会長辞任も発表。ウクライナ情勢を受けた判断で、2007年に就任した同氏は「われわれの結束を維持するために、辞任しなければならない。私の心が柔道に向いていることを疑う人はいないが、同時にロシアにも根ざしているのも事実だ」との声明を出した。同日に辞意を表明したという。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス