国際

サキ米報道官、最後の記者会見 「論争こそ民主主義」

 13日、米ホワイトハウスで退任前最後の記者会見を終えたサキ大統領報道官=ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】「論争になり意見の相違もあったが、これこそが民主主義の実践だ」。バイデン米政権の顔として対外発信してきたサキ大統領報道官が13日、ホワイトハウスで退任前最後の記者会見に臨んだ。「説明責任なしに政府は強くならない」と語り、厳しい質問を投げかける記者団との激しいやりとりを振り返った。

 20年11月、大統領選で当選したバイデン氏に呼ばれ、緊張して向かうと「ホワイトハウスに誠実さ、尊敬、礼節を取り戻すことの重要さ」を説かれたという。自分の仕事は「その一端だった」と話し、涙をこらえる場面もあった。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス