国際

UAE新大統領にムハンマド氏 親米の強硬路線

 アラブ首長国連邦(UAE)の新大統領に選出されたムハンマド・ビン・ザイド・ナハヤン氏=2021年9月、パリ郊外(ロイター=共同)

 【カイロ共同】アラブ首長国連邦(UAE)最高評議会は14日、ハリファ大統領が13日に死去したことに伴い、大統領の異母弟でアブダビ首長国皇太子のムハンマド・ビン・ザイド・ナハヤン氏(61)を新大統領に選出した。首長国通信が伝えた。

 ムハンマド氏は、頭文字から「MBZ」と呼ばれ、盟友のサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(MBS)と共に、対イランなどで外交強硬路線の親米アラブ指導者として知られる。

 ハリファ氏は近年、公の場にあまり姿を現さず、ムハンマド皇太子がUAEの実権を握っており、大統領職の継承は既定路線だった。アブダビ首長も継承する見通し。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス