芸能・文化

闘牛場で日本初の市民オペラ公演 新潟・小千谷出身の歌手ら発案

 新潟県小千谷市の「小千谷闘牛場」で公演されたオペラ「カルメン」=14日午後

 新潟県小千谷市の「小千谷闘牛場」で14日、闘牛士も登場するオペラ「カルメン」が公演された。同市出身のオペラ歌手らが発起人となり、合唱団には市民ら約60人が参加。屋外闘牛場でのオペラ公演は「日本初」という。約600人の観客が臨場感あふれる舞台からの歌声を楽しみ、フィナーレでは会場が拍手喝采に包まれた。

 小千谷市などによると、同市出身のオペラ歌手品田広希さん(32)らが発案した。

 品田さんは公演監督を務めながら、闘牛士のエスカミーリョ役を演じた。閉演後、取材に応じた品田さんは「これっきりでやめるのはもったいない。世界にも広げていきたい」と意気込んだ。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス