経済

政府、人材・技術に多年度投資 5分野に重点、骨太方針骨子案

 政府は16日、経済財政諮問会議を開き、経済財政運営の指針「骨太方針」の骨子案を提示した。岸田文雄首相が唱える「新しい資本主義」を実行に移すため、計画的な重点投資を行うと明記。基金の活用を念頭に、人材や科学技術などに多年度にわたって継続的に投資する方針を打ち出した。少子化対策や地域活性化といった社会課題の解決に向け、民間の力を活用することも強調した。

 新しい資本主義では重点投資の対象として、人材、科学技術、スタートアップ(新興企業)、脱炭素、デジタルの5分野を列挙した。骨太方針は6月に閣議決定する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス