国際

ルガンスク州の制圧「近い」 ロシア国防相、東部で攻防激化

 ウクライナ・ドネツク州で救助活動をする警察官ら=19日(ウクライナ非常事態庁提供・ロイター=共同)

 【ハリコフ共同】ロシアのショイグ国防相は20日、ロシア軍の支援を受けて親ロ派が支配地を広げているウクライナ東部ルガンスク州全域の制圧が「近づいている」との認識を示した。一方、ウクライナ軍参謀本部は同州セベロドネツクを主戦場の一つとした上で、ロシア軍は勢いを徐々に失っていると主張。ロシアが掌握を目指す同州とドネツク州の東部2州で攻防が激化した。

 ウクライナ軍参謀本部は19日、東部ハリコフ州でロシア軍が一時制圧した23の集落を奪還したと発表。ロシア軍部隊はハリコフの前線から撤退し、ドネツク州に再配置されたと指摘した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス