政治

与党、信頼関係を深化と評価 野党は防衛費増表明に注文

 首脳会談前の歓迎式典に臨むバイデン米大統領(左)と岸田首相=23日午前、東京・元赤坂の迎賓館(AP=共同)

 与党は23日、日米首脳会談について「両首脳の個人的な信頼関係をさらに深めた」(自民党の茂木敏充幹事長)と評価した。一方、岸田文雄首相が表明した防衛費の「相当な増額」方針について、野党は「国民に中身を示して納得してもらうことが大事だ」(立憲民主党の泉健太代表)と注文を付け、何の説明もないと批判した。

 茂木氏は首脳会談に関し「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、日米同盟強化や自由で開かれたインド太平洋の実現を進める大きな一歩になった」と記者団に強調した。公明党の山口那津男代表は、2023年の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の広島開催を歓迎した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス