スポーツ

ラグビー、リーチや稲垣が先発 ウルグアイ第2戦の日本

 リーチ・マイケル

 日本ラグビー協会は23日、ウルグアイ代表とのテストマッチ第2戦(25日・ミクニワールドスタジアム北九州)に臨む日本代表登録メンバー23人を発表し、フランカーのリーチやプロップ稲垣が先発入りした。司令塔のSOは3キャップの山沢が務める。

 宮崎市で合宿してきた主力組で構成。フッカーは主将を務める坂手が先発し、2019年W杯後に代表から離れていた36歳の堀江は控えとなった。ジョセフ・ヘッドコーチはオンラインで記者会見し「経験のある選手が引っ張り、他の選手もいいプレーをしてほしい」と期待を込めた。

 日本は主力組以外で臨んだ18日の第1戦で34―15と快勝した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス