国際

北朝鮮、軍強化の指針策定 戦術核を前線配備か

 朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議に臨む金正恩党総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、平壌で開催された朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議で、軍事力強化の「実践行動指針」が策定されたと金正恩党総書記が述べたと報じた。核戦力運用に関する指針の可能性があるが、内容は公表しなかった。会議では朝鮮人民軍前線部隊の作戦任務に「重要軍事行動計画」を追加し、戦争抑止力強化のため軍事組織の再編を決めたとしている。

 前線部隊に韓国攻撃用の戦術核兵器を搭載した短距離弾道ミサイルを配備することを決定したとの見方があり、韓国は警戒を強めている。

 会議は21~23日に行われた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス