経済

相場操縦は「不公正な行為」 SMBC日興、調査委が報告書

 SMBC日興証券本社前の看板=4月、東京都千代田区

 SMBC日興証券は24日、元副社長らが起訴された相場操縦事件を受けて設置した調査委員会が、問題となった自己資金による株式売買を「不適切かつ不公正な行為」と指摘する調査報告書をまとめたと公表した。調査委は、事件を防げなかった原因に「企業統治態勢全般の機能不全」や「社内全般にわたる規範意識の薄さ」などを挙げた。組織上の不備を指弾する内容で、経営責任を問う声が強まるのは必至だ。

 SMBC日興の近藤雄一郎社長が午後5時から東京都内で記者会見する。報告書の詳細や、指摘された内容を踏まえた再発防止策について説明するとみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス