芸能・文化

トップガン続編、興収100億円 国内、リピーター多く

 映画「トップガン マーヴェリック」より((C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION.ALL RIGHTS RESERVED.)

 米俳優のトム・クルーズさん(60)が主演する36年前の大ヒット映画の続編「トップガン マーヴェリック」の日本国内での興行収入が100億円を突破したと配給元が1日、発表した。

 洋画の興収が100億円を超えるのは新型コロナウイルス禍以降、初めて。洋画の実写では2019年公開の「アラジン」以来となる。

 今年5月27日に封切られ、7月31日までに観客動員642万人、国内興収101億3千万円を記録。リピーターが多いのが特徴で、特に巨大スクリーン「IMAX」上映の人気が高いという。

 世界興収は約1724億円を突破し、クルーズさんの主演作でキャリア最高額を更新中だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス