芸能・文化

将棋、里見香奈が女流五冠に復帰 加藤桃子を破り清麗奪還

 将棋の第4期清麗戦5番勝負の第3局で加藤桃子前清麗を破り、女流五冠に復帰した里見香奈新清麗=3日、名古屋市(日本将棋連盟提供)

 将棋の第4期清麗戦5番勝負の第3局は3日、名古屋市で指され、挑戦者で後手の里見香奈女流四冠(30)が108手で加藤桃子清麗(27)を破り、3連勝で前期失ったタイトルを奪還した。これで女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花と合わせ五冠に復帰した。

 里見清麗は2月、女流名人を失い四冠に後退。6月、マイナビ女子オープン5番勝負で西山朋佳女王=白玲との二冠=(27)に2勝3敗で敗れ獲得を逃したが、清麗復位により8タイトルのうち過半数を保持した。

 終局後、里見清麗は「課題の残る将棋もあったが、今後に生かせるよう頑張りたい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス