スポーツ

卓球、張本兄妹が混合ダブルスV 世界ツアー、台湾ペアに3―2

 卓球の世界ツアー、コンテンダー・チュニスは5日、チュニスで行われ、混合ダブルスの決勝で張本智和(IMG)張本美和(木下アカデミー)組の兄妹ペアが台湾ペアに3―2で競り勝ち、優勝した。

 女子シングルスで張本美が決勝進出。長崎美柚(木下グループ)は準決勝、石川佳純(全農)は準々決勝で敗退した。

 ダブルスでは、男子の張本智、木造勇人組が決勝進出。女子の張本美、長崎組と笹尾明日香、森さくら組(日本生命)は準決勝で敗退した。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス