国際

核の脅威、あらがい続ける 被爆者や若者、誓い新た

 核拡散防止条約(NPT)再検討会議で演説する被団協の和田征子事務局次長(右)=5日、米ニューヨークの国連本部(被団協提供、共同)

 【ニューヨーク共同】核拡散防止条約(NPT)再検討会議で被爆者らが演説した5日は日本時間6日で、広島原爆の日だった。米ニューヨークの国連本部で核兵器の非人道性を訴えた被爆者や若者らは、核の脅威が高まる中、今後も被爆地の「核なき世界」への思いを世界に発信し続けると誓った。

 ロシアがウクライナ侵攻で核使用を示唆し、核軍拡も懸念される現状に、長崎で被爆した日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の和田征子事務局次長(78)=横浜市=は演説で「核保有国とその同盟国は、彼らの不誠実さと傲慢さのために、人類全体が核戦争の瀬戸際にあることを認識すべきだ」と警鐘を鳴らした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス