くらし

「踊るあほう」街にぎわう 徳島・阿波おどり閉幕

 「阿波おどり」の最終日を締めくくる総踊り=15日夜、徳島市

 徳島市のお盆の風物詩「阿波おどり」が15日、最終日を迎えた。新型コロナウイルスの影響で2020年から中止や期間短縮が続いていたが、3年ぶりに街が「踊るあほうに見るあほう」の熱気に包まれた4日間となった。

 「連」と呼ばれる踊りグループが、太鼓や三味線などの鳴り物を響かせ、迫力ある男踊りと華麗な女踊りを次々と披露した。締めくくりは、千人以上が一斉に踊る午後9時半過ぎからの「総踊り」。

 無料席の演舞場では午後7時過ぎ、観客をはじめ誰でも踊りに参加できる「にわか連」が登場した。マスクを着けたまま約100人が練り歩いた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス