スポーツ

サッカーWEリーグカップが開幕 新設大会、反応はさまざま

 長野―マイナビ仙台 前半、パスを出すマイナビ仙台・隅田(中央)=長野Uスタジアム

 サッカー女子のWEリーグで新設されたリーグカップは20日、長野Uスタジアムなどで開幕し、1次リーグA組では長野とマイナビ仙台が1―1で、新潟とちふれ埼玉も1―1で引き分けた。B組ではリーグ初代女王のINAC神戸が千葉を3―2で下した。

 1次リーグは全11チームを2組に分けて1回戦総当たりで行い、各組1位が10月1日の決勝に進む。

 5月に1シーズン目が終わったWEリーグは試合数の少なさが課題だったため、カップ戦を創設した。現場の反応はさまざま。長野の田代監督は「チームのモチベーションを保つためにもいい。全選手を使いたいと思っている」と歓迎した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス