スポーツ

バレー男子日本快勝、白星発進 世界選手権開幕

 バレーボールの男子世界選手権は26日、スロベニアのリュブリャナで開幕して1次リーグが行われ、B組の日本はカタールを3―0で下し、白星発進した。

 第1セットは西田(ジェイテクト)、高橋(日体大)の活躍が光り、25―20で先取。第2セットは25―18、第3セットは25―15で押し切った。28日にブラジルと対戦。 

 大会は4年に1度行われ、今回は24チームが参加してスロベニアとポーランドで開催。1次リーグは6組に分かれて争われ、各組2位以内と、3位のうち成績上位4チームが決勝トーナメントに進む。決勝は9月11日。(共同)


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス