経済

カード手数料、11月末公表へ 国際ブランド、普及後押し

 クレジットカード手数料の流れ

 公正取引委員会と経済産業省は14日、ビザなどクレジットカードの国際ブランドが、カードを取り扱う会社間の取引手数料「インターチェンジフィー」の標準料率を、11月末をめどに公開すると発表した。加盟店がカード取扱会社に払う手数料の引き下げ交渉が進むとして、公取委が公開を求めていた。キャッシュレス決済普及の後押しになると期待されている。

 公開するのはビザとマスターカード、中国銀聯の3社。国内でカードを使った取引額のうち7割を占め、この3社が標準料率を決めている。

 公取委は、加盟店手数料に占めるフィーの割合が明らかになれば、値下げ交渉が容易になるとしている。


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス