芸能・文化

加藤登紀子さん、避難民を招待 北海道でのコンサート

 加藤登紀子さんのコンサートに招かれ、花束を渡した降籏英捷さん(右)=19日午後、北海道東川町

 歌手の加藤登紀子さんが19日、北海道東川町でコンサートを開き、樺太残留邦人で、ロシア軍の侵攻を受けてウクライナから旭川市に避難した降籏英捷さん(78)を招いた。終了後の対談で加藤さんが「日本とウクライナ、サハリンの三つの故郷がありますね」と語りかけると、降籏さんは「日本は私の祖国です」と勉強中の日本語で応じた。

 対談はウクライナ支援のためチャリティーアルバムを発売した加藤さんの希望という。

 降籏さんは日本統治下の南樺太で育ち、第2次大戦後に残留を余儀なくされた。その後50年以上ウクライナで暮らしていたが、戦闘の激化を受けて3月に妹の住む旭川市に避難した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス