芸能・文化

マスコミ労組が国葬反対声明 「政権内の密室手続きで強行」

 日本マスコミ文化情報労組会議(東京)は20日、安倍晋三元首相の国葬について「政権内部の密室的な手続きだけで強行しようとするもので、容認できない」と反対する声明を発表した。

 声明では、政府が国会で議論しないまま実施を決めた点を挙げ「市民が培ってきた民主主義社会をないがしろにし、破壊するものだ。あしき前例になりかねない」と訴えた。メディア関係者にも「思想信条の自由を脅かすような事態を生じさせないよう、慎重な行動を取らねばならない」と求めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス