芸能・文化

103m、世界最長の窯に火入れ 青森、大量制作プロジェクト

 「世界最長の窯」に火を入れる、三筋工房の今井理桂さん(手前)=20日午後、青森県黒石市

 青森県黒石市にある全長103mの「世界最長の窯」に20日、火が入った。「三筋工房」(同市)が大量の作品を制作するプロジェクトで、最大108日をかけて作品を焼き上げる。

 同日、工房の今井理桂さん(74)がたいまつから火を移すと、窯の中がゆっくりと赤く染まった。今井さんは「たくさんの人の支援をもらった。感無量」と喜んだ。

 下から上に徐々に火を通す登り窯には、52の小部屋が並ぶ。2019年にはギネス世界記録に認定された。

 現時点で火を入れるのは42部屋まで。資金調達を継続しており、目標金額に到達すれば、全部屋への火入れと、1万点を超える作品制作も視野に入れる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス