芸能・文化

大賞に「私だけ聴こえる」 最後の文化庁映画賞

 文化庁は20日、優れたドキュメンタリー映画を表彰する2022年度の文化庁映画賞の大賞に、ろう者を親に持つ少女たちの日常に迫った松井至監督の「私だけ聴こえる」を選んだと発表した。同庁は複数の顕彰制度を芸術選奨に集約する方針で、映画賞としての贈呈は最後となる。

 親が聴覚に障害があるものの、本人は聞こえる子どもは「コーダ」と呼ばれ、松井監督は米国のコーダのコミュニティーを長編映画に記録。「家族との関係にゆれ動く少女たちの思春期を丁寧で的確な観察で捉え、福祉や差別を超える普遍的な視点を提案した」と評価された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス