くらし

8月の訪日客16万9000人 観光入国は1万人、低調続く

 政府観光局が21日公表した推計によると、8月の訪日客は前年同月比6・6倍の16万9800人だった。10万人を超えるのは5カ月連続。新型コロナウイルス禍前の2019年同月と比べると93・3%減だった。政府は今年6月に訪日観光客の受け入れを再開したが、観光目的の入国は1万826人で、7月に続き低調だった。

 8月の訪日客を主な国・地域別に見ると、ベトナムが3万3千人で最も多く、韓国2万8500人、米国1万5800人と続いた。ビジネス関係者や技能実習生、留学生が中心とみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス