芸能・文化

今泉監督作品などがコンペに 第35回東京国際映画祭

 第35回東京国際映画祭のラインアップ発表会に登壇した(左から)今泉力哉監督、橋本愛さん、福永壮志監督、松永大司監督=21日午後、東京都内

 第35回東京国際映画祭(10月24日~11月2日)のラインアップ発表会が21日、東京都内で開かれ、最高賞を競うコンペティション部門に日本作品は今泉力哉監督の「窓辺にて」、福永壮志監督の「山女」、松永大司監督の「エゴイスト」の3作品が選ばれた。

 「窓辺にて」は、妻の浮気を知った男を巡るユニークなラブストーリー。「山女」は冷害に苦しむ18世紀後半の東北地方が舞台の物語で、「エゴイスト」はエッセイスト高山真さんの自伝的小説が原作だ。

 世界の映画界に貢献し、未来を託したい映画人に贈る賞として、過去にスピルバーグ監督や山田洋次監督が受賞した「黒沢明賞」が復活する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス