政治

国葬「最後まで丁寧説明」 首相、強い反対論踏まえ

 22日、米ニューヨークで記者会見する岸田首相(代表撮影・共同)

 【ニューヨーク共同】岸田文雄首相は22日(日本時間同)、訪問先のニューヨークでの記者会見で、安倍晋三元首相の国葬を巡り各種世論調査で反対が賛成を上回っていることについて「引き続き最後まで丁寧な説明を続けたい」と強調した。安倍氏と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係を巡る調査に関し「ご本人が亡くなられた今、実態を把握することには限界がある」と改めて否定的見解を示した。

 日中国交正常化から29日で50年となることに関連し、中国の習近平国家主席との対話に意欲を強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス