スポーツ

中日の福留「僕は幸せ者」 日米24年目、本拠地で別れ

 セレモニーで胴上げされる中日の福留=バンテリンドーム

 中日の福留孝介外野手(45)が23日、バンテリンドームナゴヤでの巨人戦で現役最後の試合に臨んだ。九回に慣れ親しんだ右翼守備で登場。日米24年間の最後の打席は二飛に倒れ、涙ぐみながら大阪・PL学園高の先輩でもある立浪和義監督と抱き合った。試合後にセレモニーが開かれ「自分の野球人生がスタートしたこの場所でユニホームを脱げる。僕は幸せ者」と感謝を伝えた。

 高校時代に指導を受けた中村順司さんや阪神を引退した糸井嘉男外野手らが寄せたビデオメッセージに目を潤ませる場面も。プロ入りして以降、勝負強いプレーで何度も沸かせてきた本拠地で最後まで温かい声援を浴びた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス