経済

トヨタ、ロシア生産撤退 従業員に「最大限支援」

 トヨタ自動車本社に掲げられている旗

 トヨタ自動車は23日、ロシア北西部サンクトペテルブルクにある工場での生産事業を終了すると発表した。ロシア生産からの撤退となる。ロシアによるウクライナ侵攻開始後の今年3月、部品の調達難を理由に工場の稼働を停止していた。このままではトヨタの目指す製品づくりができないとし、従業員には最大限の支援を提供するという。

 日本の自動車大手でロシアからの生産撤退の方針が明らかになったのは初めて。日産自動車は9月末までとしていたサンクトペテルブルクにある工場の稼働停止を、12月末まで延長することを決めている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス