くらし

74万個の光で幻想的に、札幌 大通公園などでイルミネーション

 札幌・大通公園で始まった「第42回さっぽろホワイトイルミネーション」=22日夕

 冬の札幌を幻想的な光で彩る「第42回さっぽろホワイトイルミネーション」が22日、札幌市の大通公園などで始まった。約74万個の発光ダイオード(LED)電球が輝き、街をロマンチックな雰囲気に包んだ。

 大通公園では、恒例のライラックの花をモチーフにした高さ約8メートルのオブジェに、スズランをイメージしたデザインも加わった。午後4時45分ごろ、電飾が点灯すると、家族連れやカップルから「おお」と歓声と拍手が起きた。

 大通公園での開催期間は12月25日までで、毎日午後4時半~10時に点灯。同23~25日は午前0時まで延長する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス