芸能・文化

羽生九段、藤井王将に挑戦 将棋タイトル戦で初対決

 将棋の第72期王将戦挑戦者決定リーグ戦の最終局は22日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生善治九段(52)が豊島将之九段(32)を破って6戦全勝で1位となり、藤井聡太王将=竜王・王位・叡王・棋聖との五冠=(20)への挑戦を決めた。両者はタイトル戦で初顔合わせとなる。

 藤井王将は初防衛が懸かり、羽生九段は前人未到のタイトル通算100期を目指す。藤井王将―羽生九段による7番勝負は、来年1月8、9日に開幕する。

 羽生九段は「結果を出せて非常にうれしい。(藤井王将とは)対戦してみないと分からない。自分自身の棋力を充実させて、臨むということに尽きる」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス