くらし

商店街で自動運転実証実験 利便性向上目指す、名古屋

 実証実験で名古屋市の円頓寺商店街を走る、自動運転車「ゆっくりカート2号機」=23日

 名古屋大などは23日、名古屋市の円頓寺商店街で、低速度の自動運転車「ゆっくりカート2号機」の実証実験を行った。買い物や食事に来る人の利便性向上が目的。試乗した愛知県の大村秀章知事は「実用に向けて進んでいると体感した。商店街の活性化にもつながる」と期待を込めた。

 ゆっくりカート2号機は、電動のゴルフカートを改造した4人乗り。名古屋大によると、神戸市の公道などで実験を行ったが、商店街のような歩行者がいる空間で実施したのは初めてという。

 この日は、カートが歩行者や店の前に並ぶ商品などをセンサーで感知、減速したり方向を変えたりしながら時速約5キロで走行した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス