政治

教団、質問権行使の文書受け取る 「誠心誠意対応する」

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は23日、宗教法人法の質問権行使に伴い組織運営や財産・収支に関し報告を求める文書を受け取ったと明らかにした。教団は「誠心誠意対応する」としている。永岡桂子文部科学相は22日、初の質問権行使を表明。文化庁は文書を郵送したと発表していた。回答期限は12月9日。

 教団の広報担当者によると、質問は数十問あり、組織体制に関する項目が多くを占めた。裁判事例や被害への対応などについての質問はなかったという。

 教団に対しては、厚生労働省と東京都が22日に連名で、教団が推奨した養子縁組を巡る質問書を出しており、これも受け取ったとしている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス