政治

首相、領収書の不備認める 98枚ただし書き不記載

 記者団の取材に応じる岸田首相=24日午前、首相官邸

 岸田文雄首相は24日、昨年10月の衆院選に伴う選挙運動費用収支報告書に添付した領収書の一部にただし書きが記載されていない不備があったと認めた。支出自体は「適正だと確認している」とし、再発防止を事務所に指示したと明らかにした。官邸で記者団の質問に答えた。首相の衆院議員事務所は、ただし書きの記載がない領収書は98枚だとした。

 首相は、ただし書きのない領収書について「出納責任者が領収書の発行名などから支出の目的を把握し、収支報告書の本体には目的を明記した」と説明した。コンビニでの飲食品や文房具などが該当するという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス