芸能・文化

隈研吾氏、和歌山に新拠点開設へ 23年春、関西初のオフィス

 進出協定を結び、和歌山県の仁坂吉伸知事(左)、和歌山市の尾花正啓市長(右)と写真に納まる建築家の隈研吾氏=24日

 国立競技場の設計を手がけた建築家の隈研吾氏が代表を務める「隈研吾建築都市設計事務所」が2023年春、和歌山市に関西初となるオフィスを開設する。同事務所は24日、市、和歌山県と進出協定を結んだ。

 隈氏は県庁で開かれた調印式に出席した後、報道陣の取材に応じ「街づくりや地域振興の点で手助けができれば」と話した。和歌山市の新拠点は近畿圏を中心とした受注案件の設計を担う。デザイナーや職人とも協働できる「開かれたアトリエ」のような場所にしたいという。

 同事務所は東京都港区に本社を置く。地方拠点は北海道、沖縄に続き3カ所目となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス