スポーツ

ヤクルト、吉村の入団決定 ドラフト1位の即戦力投手

 ヤクルトへの入団が決まり、ポーズをとるドラフト1位の吉村=24日、横浜市内のホテル

 ヤクルトがドラフト1位で指名した東芝の吉村貢司郎投手(24)=183センチ、85キロ、右投げ右打ち=の入団が24日、決まった。横浜市内で交渉し契約金1億円プラス出来高払い5千万円、年俸1600万円で合意し、背番号は21に決定。「実感が湧いた。1年目はしっかり先発ローテーションで投げ、いずれはタイトルを取れるような投手になりたい」と話した。

 21番は伊藤智仁、吉井理人らかつて球団で同じ右の先発の好投手が背負っており「泥を塗らないようにプレーし、21は吉村と言われるようになっていきたい」と語った。(金額は推定)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス