スポーツ

豊昇龍2敗目、首位3人に 高安と王鵬10勝、正代7敗

 王鵬(左)がはたき込みで豊昇龍を破る=福岡国際センター

 大相撲九州場所12日目(24日・福岡国際センター)単独首位だった関脇豊昇龍が平幕王鵬にはたき込まれ、2敗目を喫した。王鵬は10勝目。同じく2桁勝利を挙げた平幕高安と合わせ、トップに3人が並んだ。

 両大関は貴景勝が錦富士を押し出し、3敗を堅持。かど番の正代は小結霧馬山に寄り切られ、5勝7敗で後がなくなった。霧馬山は勝ち越し。他の2関脇は若隆景が6敗目、御嶽海は5勝目。

 豊昇龍らを1差で貴景勝、平幕の阿炎と輝の3人が追う大混戦。十両は3敗で剣翔ら4人が首位。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス